HOME>感想>社宅を持つときにいかが?賃貸法人契約が可能な物件を探していこう

社宅を持つときにいかが?賃貸法人契約が可能な物件を探していこう

会議

賃貸物件を契約するときは、法人契約もできます。ただ、社宅を持つときなどに契約が必要となるものなので、契約したことがないという人も少なくありません。そこで、困ったときのために契約した方の口コミを見ておくといいです。

みんなの声

社宅担当向けのサイトを使って探しました[40代|男性]

総務担当をしていますが、会社が借り上げ社宅を持つことになりました。社宅費用は福利厚生費として経費計上できるため節税対策にもなりますし、給料天引きなので結果的に会社の社会保険料負担も安くなる計算です。社にとっては良いことですが、急遽賃貸法人契約可能な物件を探さなくてはいけなくなり、何から手をつければいいか判らず最初は右往左往しました。物件探しだけでなく、社宅家賃の設定に固定資産税の課税標準額の確認が必要など、とても面倒な業務が必要になります。不動産業者に依頼する前に、自力で何が出来る方法はないかとインターネットで検索していたら、社宅担当向けのwebサイトを見つけることが出来ました。お陰様で適切な場所に必要な物件数を確保することが出来ましたので、本当に助かりました。

メールで希望条件を送って紹介してもらえたので忙しくても社宅が探せました[40代|男性]

人事担当部署の管理職者ですが、地方に支社が出来た関係で、現地に社宅を探す必要に迫られたのがきっかけです。遠方のため土地勘もなく、本当に安心して賃貸法人契約できる物件を探すのは、困難を極めました。幸い全国にネットワークを持つ紹介会社を見つけることが出来たので、そこからはスムーズに物件探しを進めることが出来たと思います。良かったのはメールで希望条件をオーダーするだけで、該当物件を紹介してもらえたことです。支社の立ち上げで業務全体が忙しい最中でしたので、いちいち現地に出張せずに話を進められたのは非常に助かりました。Web上でも間取りや面積、構造、駅までの所要時間などは確認出来ますが、実際の周囲の住環境や交通の便など付加情報を読み取ることは出来ません。従業員に提供するにあたり、本当に適切な物件かどうか、信頼できる業者と提携することで解決出来たのが良かった点です。